読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月の奇行種

出身は二次オタ

そして転がり落ちる

大学の先輩の言葉で心に残っているものが一つある。

「新しいバイトって慣れるまでは毎日辞めたいよね」

 

「バイト」を「仕事」に変えても通じる、汎用性の高い言葉ではないだろうか。

(新社会人の皆様、どうか健康第一で社会人生活を送ってください。)

 

2016年11月1日付で、私は新しい職場に入った。

幸い周りの方は皆優しく、人間関係に悩むことは無さそうだったが、いかんせんそれまでの職場とは環境も仕事内容もガラリと変わり、自前の緊張しいの性格も手伝い、吐きそうなほど気を張り詰めて出勤する日々が続いた。

それまでは3個食べていたお昼のおにぎりも2個しか喉を通らなくなるほど、消耗していた。

 

そんなおにぎり2個ランチの日々を過ごす私の、当時唯一の心の支えが、「週末になったら友人が新しいNEWSの何かを見せてくれる」ということだった。

 

猫にマタタビ疲れた三十路にジャニーズ。

週末のNEWSさんだけを見つめて一週間を生き延びていた。

 

そしてお仕事の疲れだけでなくホルモンバランスの乱れも最高潮に達したある日、11月の奇行種が爆誕した。

 

※ここから先は不快な内容が含まれるのでご注意ください。※

 

あの日何があったか

自分の愚行を戒めとし、同じ過ちを繰り返さないようブログにも書き残そうと決意した次第だけれど、やはりまだ消化しきれていない部分もあり…

情けなくも少し言葉を濁して表現させていただくと、

 

せっかく友人がBlu-ray持って遊びに来てくれたのに、私はお酒に逃げてワインを1本飲み干した結果ゲロゲロゲロッピがひっくりカエル状態(暗喩)になったのです…。

(私は酒癖が悪い上に酒の飲み方も悪い)

 

友人、笑って許してくれましたが本当にその節は申し訳なかったです、ごめんなさい。

 

そして翌日、目を覚ましたゲロッピは、友人がプレゼントしてくれたピンクとグレーを一息で読み終え、取り急ぎtwitterでNEWSさんについて呟く用のアカウントを作り、慌ててWhiteを当日お急ぎ便で注文したのでした。

 

~~不快な表現ここまで~~

 

一度タガが外れると、あとは坂道をダッシュで駆け下りていくばかり。 

 

約2時間半の間に何が…?(記憶に無い)

 

 

 そしてヤマトの方にご負担をおかけする当日お急ぎ便でWhiteを受け取り、

 

(Mr.White衣装の加藤さんのビジュアル、好みです。)

 

こんな感じでギャアギャアtwitterで騒ぎながら受け取ったばかりのWhiteを観ていると、NEWSファンの諸先輩方から様々アドバイスをいただけたのも本当に本当に嬉しかった。

 

 

 

Whiteを購入しいつでも好きな時に見られるようになり、明らかに精神が安定し始め、職場にもやっと慣れてきて毎日楽しく過ごせる予感に未来は薔薇色と思い始めた矢先、

 

最終段階が訪れた。

 

ベストアーティストのANTHEMだ。

 

ハロウィンとは違い、NEWSさんを観よう!と心して臨んだにも関わらず最大級の衝撃を受けた原因は、加藤さんの声の霊圧。

今まで(激烈短期間だが)聴いてきたNEWSさんのお歌の中で最も加藤さんの声の霊圧を感じる!

すごい!自然と涙が出そうになる!!

マイクの調整の問題なのか、単に加藤さんの喉の調子が最高潮だったのか、この日の加藤さんの声が大きかった本当の原因はわからないしわからなくても全然問題はないのだが、

とにかく加藤さんの声が響く!響く!!響く!!!!

オッオーオオオオッオーオオオオッオーオオオオ!!!!

この世界に最大級の感謝を!!!!ハレルヤ!!!!

 

(あと一人だけはける方向の違う加藤さんも忘れられない)

 

この日私の財布の紐は加藤さんののどちんこと共に旅に出た。

 

何故こんなにこの日のANTHEMが心に響いたのか…

加藤さんがおっきな声で歌っている、つまり、加藤さんが全力でお仕事をしているということがシンプルにわかりやすくて、仕事にネガティブな思いしか抱けなくなりそうだった私の目を覚ましてくれたからかもしれない。

加藤さんには目を覚まされてばかりです。

 

これ以降、私にとってNEWSさんは、干からびた生活にうるおいをもたらしてくれる存在となり、

疲れた時に元気をくれる存在となったのでした。

 

6月のNEVERLANDが楽しみです。