読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月の奇行種

出身は二次オタ

個人的お勧めお取り寄せ加藤さん2016/12/16~2017/4/28

 

NEWSの加藤シゲアキさんは、梅干しを漬ける系アイドルです。

 

食べることが大好きな私は、NEWSさんを知ったばかりの頃、「加藤シゲアキは料理ができる」という点にも激しく惹かれた。

でもまだレシピ本は出していない模様…かとーさんのお料理ネタを楽しむには何を摂取すればいいのかな?と迷っていた所、フォロワーさんからビビット*1の「カトシゲのお取り寄せコーナー」をお勧めしていただいた。

(色々教えてくださるシゲ担の先輩方には本当に感謝しております。)

これがすごくイイ!

かとーさんが朗読してくれるし、ポコポンペコーリャ*2をよく流してくれるし、食べ物はおいしそうだし、かとーさんがちょい足し的なお料理をしてくれるコーナーもあるし、そしてモノを食べているかとーさんはサイコーかとーさん、口に入れて結構すぐ美味しい!って言う。サイコー。食べ方がかなりワイルドサイコー。割と口の中のものが見えちゃう。サイコーサイコーサイコーイェーイ!!

 

そして何より、お取り寄せって人生を楽しんでいる感じでいい。食、生活の大切な要素、ここを楽しめるということには優雅な余裕を感じる。番組のコーナーなのはわかってるけど、それでも加藤シゲアキにお取り寄せという言葉が添えられるだけでうれしい。オタクたるもの推しには人生を謳歌して欲しいでしょ?

 

そんな「カトシゲのお取り寄せコーナー」、

2016/12/16、23、2017/01/13、20、27、02/03、10、17、24、3/3、17、24、04/14放送分の中から個人的に好きな回を勝手にランキング形式にしてみました。

ランキングにはしたものの、かとーさんは常に最高なので順位はあって無いようなものです。

(初心者の感想です)

(日にちが飛んでいる回は録画に失敗して涙を飲んだ回です)

(01/06のラーメン回すごくよかったのに録画に残せなかった自分に絶望した)

 

~♪~~ぱぴぷぺぽぽ~こぽんぺこ~りゃ~~♪~

 

第3位

4/14 干物回

優雅な朝食にぴったりな、おしゃれなサーモンのフレンチ風干物を食べたかとーさんが言った、

こんな朝迎えたら自分が美人モデルだと勘違いしちゃうな~

という言葉に、「加藤さんは既に美人モデルだよ!!!!!!!」と叫ぶオタクの声が日本列島を揺らした回。

ライブツアー「NEVERLAND」真っ最中のかとーさん、普段からお美しいビジュアルがさらに極まっています。

そしてこの回はスタジオの加藤さんのお衣装が素晴らしい。襟元に紫の花が一輪デザインされた、個性的で美しいジャケットをお召しなのですが、とってもとってもとってもお似合いでびっくり仰天してしまいます。

―さて、ここで問題です。

NEWSの最新アルバム「NEVERLAND」通常版に収録されている、加藤シゲアキソロ曲の曲名は?

答、 あやめ

(感激し手を合わせ昇天する絵文字)

襟元のお花はおそらくあやめそのものズバリではないながらも、本当にとてもよくお似合いでした。

 

第2位

3/17 から揚げ回

半身揚げにかぶりついて唇を油で光らせるかとーさん、ハイブランドの新色グロスのモデルかと思った。流石美人モデル

その唇、ダイヤモンドの輝き…

かとーさんが何かにかぶりついてむっしゃむっしゃ食べている姿が性癖なオタク、絶対一定数いるでしょ?

変ラボで大量に誕生したって聞いてるよ??

あとこの時のお衣装(@ハウススタジオ)もとっても素敵です。インナー黒Vで、青白黒のジオメトリック?みたいな柄のフード付きのジャケット?パーカーにしてはきっちりしてるな??を羽織ってて、下は黒いジーンズ…?(お洒落わかりません!助けてまっすー!!)わりとしっかりぴったりした生地がおみ足を引き立てて…

個人的に青系統の色を着たかとーさんがすごく好みです。

お似合いのお洋服を着てから揚げとビールを楽しむかとーさんの姿はオタクの宝物。

 

第1位 

2016/12/16 Picard回

この時のお衣装は、モノトーンで全体的にハードめなのに、袖が萌え袖っぽくなっているのがとっても可愛い。

また、お店の商品を店内の電子レンジで温めて食べるというくだりで、学生時代コンビニでカップ麺を買って食べていたという爆萌えエピソードを語ってくれます。青学生だったかとーさんのこのエピソードが致命傷になるオタクも一定数いるでしょう…。金さんわかるよ、私もコンビニでラーメン食べてるかとーさん拝見したかった。

 

そしてこの回の白眉は、あっためたパスタの蓋を開けるときに

「あっちっち!」

と言っちゃうかとーさんです!

どひゃ~っカワイイ~!世界一のあちちじゃないかな?!郷ひろみ加藤シゲアキか迷っちゃうな~~~!!

あまりにも可愛くて、私にNEWSを与えてくれた友人(手越担)にここ可愛いよね!!と見せたら「えっここ…?字幕も出されてなくて流されてるじゃん!」的な事を言われたのもいい思い出です。

本当に大切なことは目で見ただけじゃわからないって星の王子様のお友達のキツネが言ってたってかとーさんも言ってた…*3本当に大事なところは字幕には出ないんだよ…

思わずPicardに行ってエコバッグ買うくらいこの回が大好きです。

f:id:roofko:20170511202209j:plain

 

 

※ランキングには入らなかった回も以下の通りとにかく可愛いです。

12/23 鍋会 田嶋陽子先生も思わず「大きい目だね」と言ってしまうかとーさんのおめめ、可愛い。素手で柚子を絞るかとーさん、かわいい。カミカミかとーさん、カワイイ。

1/13 木村拓哉さんの前で朗読を披露するかとーさん、可愛い。「さんぜんにひゃくよんじゅうえーん!」と言うかとーさん、きゃわいい~!かとーさんのさんぜんにひゃくよんじゅうえーん!に三万二千四百円を三万二千四百回払いたい!

1/20 チョコ回 かとーさんにはチョコレートが似合う。かとーさんをお菓子に例えるならどっしりしたガトーショコラやザッハトルテ、ほろ苦いオペラ、ヨーロッパの堅実なチョコレートのお菓子のイメージ。つまり、可愛いのだ。

1/27 醤油回 かとーさん調味料にこだわりありそう。めんどくさ可愛い…

2/3 漬物回 お茶目にひっくり返るかとーさんのおめめがこぼれそう。かわいい。

2/10 ロールケーキ回 女性陣に囲まれて漏れ出るシゲ子が可愛い。あとかとーさんモカロール似合う

2/17 手土産回 おもちゃのびよーんとなるあの棒を振って「こんなだったっけ?」ってなるかとーさんカワイイ

2/24 焼きそば回 お衣装の…胸元が……ユルい……かわ…いい………

3/24 ふるさと納税回 ふるさと納税を楽しんでいるアイドルかとーさん可愛くないですか!?

 

 

今期からはカトシゲ散歩という街歩きのコーナーが始まっていて、こちらもとてもよい加藤さんを堪能できる!ありがたい!街歩きなのでその街の美味しいものも食べる!やったー!お蕎麦を食べている時なんてカメラによりすぎておでこごっつんこしたりする!信じられない!かわいい~!

このままかとーさんには一生美味しいものを食べて暮らしていただきたいです!

*1:

ビビット|TBSテレビ

*2:食いしん坊にはたまらない曲。最高にカワイイ。

*3:NEWSライブツアー2016「QUARTETTO」加藤シゲアキソロ参照

炎の洗礼

世代的にどストライクであったにも関わらず、ごくせんも野ブタも見ていなかった私のそれまでのKAT-TUNさんに対する認識は、

亀梨くん、赤西くん(もういない)、中丸くん、坊主の田中…?くん(確かもういない?)、あとお二方

だった。(赤西担で中丸くんも推していた大学時代のクラスメイトの影響が強い)

最近では友人のブログ(大好き)でこの記事を読んで

yunokihana.hatenablog.com

野郎ども…!?炎上…!?発砲…!?ゼニガメ!?!?!?

と興味を掻き立てられていた。

 

そんな中、友人が見せてくれたNEWSさんの映像もろもろの中に、少プレのKAT-TUNとNEWSの運動会回があった。

この時のNEWSさんの可愛さ(中略)ボールが当たる加藤さんの可愛(中略)、

そして上田くんのあまりに細くかったそうな身体を見て、

「針金でできているのでは…????」とびっくりし、

その針金ボディの上に乗っているお顔を拝見して

あっ村が一つ燃えた

と確信した。

~小さな村で生きるにはあまりに美しすぎた上田くん、その美貌のせいで争いが起きてしまい、収めるためには火を放つしかなかった…。燃え盛る故郷の村を見つめる彼の瞳に映っていたのは…~

(という映画が見たいなぁ)

※実際に上田くんが燃やしたのは村ではなく別のもの、ということはquarterを見て初めて知ることとなる

そして、上田くんの針金ボディと村燃やしフェイスに騒ぐ私に、友人がスッと差し出したものがさらに衝撃を与えた。

所謂「甘栗期」のお写真だった。

ウエダーチカのマジアガペー……*1

 

上田くんの横顔の美しきEラインが本当に本当にツボで、甘栗期の傷んでお人形の髪質のようになっているボブがそのEラインを縁取っているのが本当に本当に本当に最の高で、この芸術作品を創り上げた神の奇跡にただただ感謝するしかなかった。

 

この美しきお方が歌って踊っているところが見たい!KAT-TUNさんのコンサート見たい!と友人に駄々をこねたらいくつかDVDを持っているとのこと(流石)、に乗って出てくるのとかあるよ、すごいよ」「すごーいっそれ絶対見たい!!」と、トントン拍子に次回の鑑賞会が決まった。

(友人、重ね重ねありがとうございます。)

 

 そしてやってきたNO MORE PAIN鑑賞会。

えっ再生してすぐ鳴り響く音楽が既に悪役っぽいんだけど…!?

これニチアサ特撮で敵のアジトが映るときの音楽では!?と混乱していると、更にダースベイダー一味がスクリーンに映し出され混乱に追い打ちがかけられる。えっそこ黒でいいの…!?白じゃなくて!?

でも何かお客さん達も黒で納得してるみたいだし!?非合法な大規模地下集会感すごい…

そしてKAT-TUNさん達の登場、友人が「ヴィランズ衣装」(やっぱり悪役なんだ、と思った)と教えてくれたお衣装があまりにもお似合いで、そして純白の堕天使上田くんがあまりにも美しく、口があんぐり開いた。 

 

 

わーい私二次オタ!二次オタこういうの大好き!!

あっ何か壁が壊れた!!ここはUSJかな!?

あとこの時の田中くんのビジュアもとても好みでかっこいい…!坊主のイメージ強かったけど長髪だとまた耽美系の美が際立っていいね~!坊主頭も本当の美系でないと似合わないって言うもんね!!でも爪黒いし怖いし道で会ったら二次オタ瞬時に避けます!!

えっ亀梨くんドラムやるんだ…えっ何で脱ぐの……ナンデ!?脱衣ドラムナンデ??

まぁお顔がかっこいいからいっか!!

わ~田中くんのソロ、超セクスィー!セクシーでねじ伏せてくる感じだなぁすごいなぁ!

田口くんは流石の爽やかさ!さっきまで地下の怪しいクラブにいたのに急に初夏の高原に連れてこられて少しクラクラします!脚なっが!!どうなってるんだ!?

…えっ田中くんは和太鼓!?何で??

宙を舞う甘栗天女…ここは極楽浄土かな……

これが噂の亀梨くんの般若面!!…亀梨くんも飛ぶの!?扇に乗って!?

ちょっと待ってもうちょっと全員のお着物お衣装よく見せて!!??

 

もうこの辺りの演出が、KAT-TUNさん初見者にとっては刺激が強すぎて、ひたすら「えっ嘘でしょ!?」と繰り返すしかなかった。

(そして甘栗天女があまりに綺麗なおねえさんすぎて、見ている途中で「私もこれ買うわ」とスマホでアマゾンを開き、友人をドン引きさせたりした)

(ノースリーブにショール羽織っているようなあのお衣装は後世に語り継ぎたい)

RESCUE燃えすぎじゃない…?とおののき、LIP'S田中くんの「声出さねぇと命はねーからな!!」の煽りにこれが噂の…!と嬉しくなった。

ラビウルにはとにかくありがたやありがたや…と感謝の祈りを捧げた。上田くんこういうのもやってくれるんだ…こんなに求められているものに応えてくれるなんて、もう拝むしかないじゃないか。DVD絶対買おうと決意を新たにした。

そしてこの時のボブがあまりにも完璧なボブ!もうブライス*2みたい!!美しい~!

OK、亀梨くんもヴァンパイアになるのね、ヴァンパイアやってくれるジャニーズ好きだよ!!ヴァンパイアだけど爆発するのが最高にKAT-TUNさんぽい!!最後におちゃらけちゃうところなんて好きにならずにはいられないよね…

…ちょんまげ甘栗ちゃん!?!!?おいおいおいうっそだろ…(100回目)

甘栗ちゃんめっちゃジャンプ高い!!しかも一定の高さを保ち続けてる!!!!

(冒頭の友人のブログを読んで、NEWSさんは「子猫ちゃんとデート」、KAT-TUNさんは「声出さないと野郎どもの命を取る」という違いがある、と覚悟していたせいか、それまでのKAT-TUNさんの煽りにはそこまで驚かずに済んだものの、これまでは段々ジャンプが低くなる某作画フェルメールの緑の方*3を見つめていたせいで、この点に一番違いを感じてしまった)

そしてお待ちかねの馬~! 

 

もうハム贈りたいポイントが多すぎて、贈答ハムの回数券が欲しい。

乗馬するKAT-TUNさん、全人類に一度は見て欲しい。人生が豊かになる。

この時私が参戦してなくて、twitterとかやって無くて良かった。やってたらネタバレ我慢できずtwitterのアカ名に@ヒヒーンとかつけてた。危なかった。

 

後で知ったことだが、このツアー、甘栗期上田くんの美を堪能するのに多くのハイフンさんがお勧めしてくれるものだそうで、本当にいい時にいいものを見たな、という感じだった。

まあKAT-TUNさんは常にその時その時が最高なんですけどね!!!!


こうしてKAT-TUNさんに夢中になった私は、今や順調にコンサートDVDを集め終わり、あとはカウコン、カムヒア、10ks!を観るばかりで、いつ観ようかな~とわくわくしています。

 

f:id:roofko:20170507120941j:plain

 

*1:引用:ユーリ!!! on ICE第8話

*2:

ブライス公式サイト | blythedoll.com

*3:NEWSツアー「White」の「チュムチュム」参照

広告を非表示にする

そして転がり落ちる

大学の先輩の言葉で心に残っているものが一つある。

「新しいバイトって慣れるまでは毎日辞めたいよね」

 

「バイト」を「仕事」に変えても通じる、汎用性の高い言葉ではないだろうか。

(新社会人の皆様、どうか健康第一で社会人生活を送ってください。)

 

2016年11月1日付で、私は新しい職場に入った。

幸い周りの方は皆優しく、人間関係に悩むことは無さそうだったが、いかんせんそれまでの職場とは環境も仕事内容もガラリと変わり、自前の緊張しいの性格も手伝い、吐きそうなほど気を張り詰めて出勤する日々が続いた。

それまでは3個食べていたお昼のおにぎりも2個しか喉を通らなくなるほど、消耗していた。

 

そんなおにぎり2個ランチの日々を過ごす私の、当時唯一の心の支えが、「週末になったら友人が新しいNEWSの何かを見せてくれる」ということだった。

 

猫にマタタビ疲れた三十路にジャニーズ。

週末のNEWSさんだけを見つめて一週間を生き延びていた。

 

そしてお仕事の疲れだけでなくホルモンバランスの乱れも最高潮に達したある日、11月の奇行種が爆誕した。

 

※ここから先は不快な内容が含まれるのでご注意ください。※

 

あの日何があったか

自分の愚行を戒めとし、同じ過ちを繰り返さないようブログにも書き残そうと決意した次第だけれど、やはりまだ消化しきれていない部分もあり…

情けなくも少し言葉を濁して表現させていただくと、

 

せっかく友人がBlu-ray持って遊びに来てくれたのに、私はお酒に逃げてワインを1本飲み干した結果ゲロゲロゲロッピがひっくりカエル状態(暗喩)になったのです…。

(私は酒癖が悪い上に酒の飲み方も悪い)

 

友人、笑って許してくれましたが本当にその節は申し訳なかったです、ごめんなさい。

 

そして翌日、目を覚ましたゲロッピは、友人がプレゼントしてくれたピンクとグレーを一息で読み終え、取り急ぎtwitterでNEWSさんについて呟く用のアカウントを作り、慌ててWhiteを当日お急ぎ便で注文したのでした。

 

~~不快な表現ここまで~~

 

一度タガが外れると、あとは坂道をダッシュで駆け下りていくばかり。 

 

約2時間半の間に何が…?(記憶に無い)

 

 

 そしてヤマトの方にご負担をおかけする当日お急ぎ便でWhiteを受け取り、

 

(Mr.White衣装の加藤さんのビジュアル、好みです。)

 

こんな感じでギャアギャアtwitterで騒ぎながら受け取ったばかりのWhiteを観ていると、NEWSファンの諸先輩方から様々アドバイスをいただけたのも本当に本当に嬉しかった。

 

 

 

Whiteを購入しいつでも好きな時に見られるようになり、明らかに精神が安定し始め、職場にもやっと慣れてきて毎日楽しく過ごせる予感に未来は薔薇色と思い始めた矢先、

 

最終段階が訪れた。

 

ベストアーティストのANTHEMだ。

 

ハロウィンとは違い、NEWSさんを観よう!と心して臨んだにも関わらず最大級の衝撃を受けた原因は、加藤さんの声の霊圧。

今まで(激烈短期間だが)聴いてきたNEWSさんのお歌の中で最も加藤さんの声の霊圧を感じる!

すごい!自然と涙が出そうになる!!

マイクの調整の問題なのか、単に加藤さんの喉の調子が最高潮だったのか、この日の加藤さんの声が大きかった本当の原因はわからないしわからなくても全然問題はないのだが、

とにかく加藤さんの声が響く!響く!!響く!!!!

オッオーオオオオッオーオオオオッオーオオオオ!!!!

この世界に最大級の感謝を!!!!ハレルヤ!!!!

 

(あと一人だけはける方向の違う加藤さんも忘れられない)

 

この日私の財布の紐は加藤さんののどちんこと共に旅に出た。

 

何故こんなにこの日のANTHEMが心に響いたのか…

加藤さんがおっきな声で歌っている、つまり、加藤さんが全力でお仕事をしているということがシンプルにわかりやすくて、仕事にネガティブな思いしか抱けなくなりそうだった私の目を覚ましてくれたからかもしれない。

加藤さんには目を覚まされてばかりです。

 

これ以降、私にとってNEWSさんは、干からびた生活にうるおいをもたらしてくれる存在となり、

疲れた時に元気をくれる存在となったのでした。

 

6月のNEVERLANDが楽しみです。

 

 

 

 

途中経過

Whiteで「NEWSさんのコンサートは楽しい」と理解した私は、それまでとは一転、俄然NEWSさんに対して興味を持つようになった。

10月、友人がWhiteに引き続き「美しい恋にするよ」コンサートBlu-rayを携えてまたわが家へ遊びに来てくれた。

 

美しい恋にするよ…

ヴァンパイアだからさ…

 

ヴァっ………(記録はここで途切れている)

 

普通人間は泣いたらブサイクになるはずなのに、汗まみれ涙まみれお鼻が真っ赤でも顔面最高美を保ち続ける加藤さん、ちょっとどういうことなのかよく理解できなかったし今でも全くわからない。池上彰さんにわかりやすく解説していただきたい。

 

 

そんな折、地上波の歌番組にNEWSさんが出る、しかもハロウィン特集という情報を友人のツイートで知り、せっかくだから見てみるかという軽い気持ちでチャンネルを合わせた。

 

画面にはヤバイものが映っていた。

 

町中の肉を全て今すぐ献上したい、王冠が激烈お似合いチョベリベリキュートな王様、

右手の手錠はどういう意味なのか小一時間問い詰めたい、セクシーな悪めのポリス、

引き算を知らないが盛れば盛るほど輝くのでオールオッケーィ!な海賊、

そしてこのヴァンパイア、たぶんVOGUEの表紙を飾ってる…

 

ああお化粧って美しいものをより美しく魅せるためにもあるんだなぁ…

もしかして美という文字は加藤シゲアキさんの顔面が元になってできた文字なのでは?

美という文字と加藤シゲアキさんのお顔、あまりにも似ていませんか??

(1・2画目が眉毛ね)

 

あまりにもあまりにもこの時の加藤ヴァンパイアキさんのアイメイクが好みすぎて、私の中で何かがストン!と一段階落ちた。

 

あんなに美しいお顔で「ふぁんふぁいあでひゅ^^」はずるいよ……

 

そしてこの時のハロウィンNEWSさん、お衣装もメイクもお歌も勿論、演出も気合が入っていて見応え十分で、一瞬たりとも目が離せなくて、歌番組をこんなに夢中になって見たのは生まれて初めてだった。

そしてアニメ以外で「これ録画しておけばよかった」と悔しくなったのも初めてだった。

(後に友人が焼いてくれました。充実の福利厚生)

 

 

友人のNEWS映像攻撃は続いた。

三手目はMV波状攻撃だった。チュムチュムとKAGUYAの洗礼を浴びた。

チュムチュムでは美のローラー作戦にびっくりし、

KAGUYAでは造花に縋りつく加藤さんの美にびっくりし。

 

この頃からtwitterにNEWSさん関連のことを呟いているので記録を辿ってみた。

(今と違うアカウントなので塗りつぶしご容赦ください)

 

↓これは友人がNEWS見てくれて嬉しい!と言ってくれた時

f:id:roofko:20170426213309j:plain

 

↓これは友人から焼いてもらったミュージックモンスターのDVDを見た時

f:id:roofko:20170426213413j:plain

 

↓LOADEDを買ってしまい友人に感想を伝えている時

f:id:roofko:20170426213437j:plain

↓LOADEDアキを反芻している時

f:id:roofko:20170426213453j:plain

 

加藤さんの美に触れるとどうしても頭の中で物語を組み立ててしまう。

その美しさ、お話を生まずにはいられない。

加藤シゲアキ、物語を纏う男。

 

…などといい感じ風に締めようとしたけれど、つまり一言でいうと私が

オタクだからさ……

ということです。

 

ここまででもう既に十分ファンなのでは?という感じですが、

個人的にはNEWSさんを好きになるまでに3段階あったなぁと思っており、

最終段階については次の記事にしたいと考えています。

 

 

 

 

広告を非表示にする

きっかけ

ブログを始めたきっかけと、NEWSに触れたきっかけ。

 

・ブログ

6月に友人にNEWSのコンサートに連れて行ってもらうことになったから。

この友人は、私に初めてNEWSのコンサートBlu-rayを見せてくれた存在で、それ以降、過去のテレビ番組等々を録画したものを見せてくれたりDVDに焼いてくれたり手厚いサポートを提供してくれ、そしてついにはコンサートにまで連れて行ってくれることになった。

チケット確保に大変そうな彼女に、私の分はいいから自分のチケットを優先してくれ…と言ったこともあったけれど、彼女曰く、

コンサートに行った後どんな感想を抱くのか聞いてみたい」と。

それだったらちゃんと感想を形にして残したい、普段は楽しくツイッターをやっているけれど、字数制限があるしあと何かジャニーズファンといえばはてなブログなんでしょ?私が若いころはアメブロFC2全盛だったのに時代は変わったわね…

ということで登録しました。誕生日から始めます。目標は6月まで続けることです。

 

・NEWS

少し時を遡り、2016年9月。

人生の半分以上を二次元オタクとして生きてきた私の数少ない友人の一人が、少し前からじゃにーず?のにゅーす?というグループのてごしゆうや?という人に夢中になっていた。

そして「一緒にNEWSのコンサート見よう!」としつこ…熱心に誘ってくれていた。

それまでの私は、テレビとBlu-rayレコーダーは持ってるけど深夜アニメと朝のおはスタ専用録画再生機だったし、テレビドラマよりアニメを見てきた期間の方が長かったし、芸能界に疎いどころの話ではなく、興味も全く無かった。

現実逃避したくて二次元に夢中になっているのに、何故あえて同じ次元の存在を見なくてはいけないのか疑問に思ってもいた。

NEWSについては、やまぴーさんがいたことと、「テゴマス」「ミソスープ」「スウェーデン」という単語が記憶の片隅にあった。(でもテゴマスがNEWSのメンバーなのは知らなかった)

アニメを見たり漫画を読むことに忙しく、興味の無いことに時間を割くくらいだったらモンハンしたい…と思っていたのだが、友人のあまりのしつこ…熱心なお誘いに根負…心を動かされて、「モンハンしながらだったら…」と、NEWSのコンサート映像を流すことに同意した。

 

そして我が家に遊びに来てくれた彼女、携えていたのはかの「White」のBlu-rayだった。

オタク的には美しい恋にするよとかもアツイんだけど初心者に見せるならWhiteかなって

今では十二分に理解できる彼女の言葉も、当時の私には聞きなれない単語の並びで、日本語で喋って欲しいな…と思っていた。

(ちなみにうちに来る前に遊びに行った場所、友人ではなく私の希望を通して貰ったので、お礼にせめてにゅーすさんはちゃんと見ようという気持ちになり、モンハンはせずに鑑賞態勢をとった。)

 

最初、ステージ上のセットの檻?のようなものを見て、競馬…?と一瞬不安になるも、すぐ4人が出てきてくれて、ここで私は初めてNEWS4人のお顔を認識した。

テゴマスは髪を染めているせいか、わー「アイドル!」って感じ!と思い、

コヤシゲは俳優さんみたい!と思った。

 

Mr.Whiteは幸いにも好みの系統のお歌とお衣装だった。現実離れしていて、ストーリー性があり、二次元オタクが世界観に入り込みやすい…

そして想像していた以上にお歌が上手くてびっくりした。プロなのだから当たり前なんだけれども、それを差し引いても上手すぎないか!?特に高級プチトマトみたいなヘアスタイルの…まっすー?さんのお歌がすごく好み!とテンションが上がった。

想像していたよりも100万倍楽しいコンサートに、私はすぐ引き込まれ、ワクワクしながら画面を見つめていた。

 

そして今でもよーく覚えている…BYAKUYAのターン!

金髪碧眼てごしさんは最早二次元だったし、闇の人買いプチトマトまっすーと闇のパリピサングラスこやまさんにびっくりし、そして目を閉じている…あれは確かかとうさんと仰る…

 

あっ目が開いて………んん??

お、お顔が綺麗ー!!??!?

 

多分あの、加藤シゲアキさんの目が開いたときに、私の「3次元の美を見ることのできる目」も開いたのだと思う。

私の個人的な美の基準の一つに、「眉頭と目頭との距離が近ければ近いほど美しい」というのがあるのだけれど、加藤シゲアキ選手はそこを余裕でK点越えしてきた。

 

もうそこからは加藤さんのお顔に夢中で、私の眼球は主に彼を追ってコンサートDVDを鑑賞することになった。

更に幸運なことに、横にはNEWSファン歴の浅くない友人がおり、気になったところは聞けばすぐ答えてくれるし、聞いてない小ネタも教えてくれるし、生けるイヤホンガイドとしてコンサート鑑賞を全力でサポートしてくれる。

加藤さんはあんなに美しいお顔なのに運動神経がアレと聞いて、それを聞いてしまったからかツアー後半ちょっと疲れちゃったのかな?という風にも見えてきて…(多分ファンサの一環だと思う)ますます夢中にならずにはいられない…

トドメのチュムチュムでは、宇宙でたった一人フェルメール真珠の耳飾りの少女と自称できる成年男性としての美を存分に見せつけてくれ、あまつさえ段々低くなっていくジャンプという出血大サービス萌えポイントまで披露してくれ…

現実世界のアイドルの力は凄かった…。

 

とても素敵な歌声にダンス、綺麗な衣装がいっぱい、コンサートを通して一つの物語が完成され。

モンハンしながらならコンサート流してもいいよ、と言っていた手首を勢いつけてひっくり返して、私はWhiteを楽しみました。

 

そして友人に、「また違うコンサートのBlu-rayも見たい!」と言っていたのでした。

 

これが私がNEWSさんに触れるようになったきっかけです。

 

 

 

広告を非表示にする